2018年1月13日土曜日

【蓬莱本館】フレッシュ豚まん(3個入) ・スーパーでも買える豚まん

蓬莱と蓬莱

大阪名物の一つとしてすっかり有名になった「豚まん」ですが、一口に「蓬莱の豚まん」といっても「551蓬莱」と「蓬莱本館」という2つのメーカーが別々に製造販売していること、また、そのことを地元大阪でも知らない人がわりといること...などについては以前ブログで紹介しました。

蓬莱本館 フレッシュ豚まん(3個入)
蓬莱本館 フレッシュ豚まん(3個入)

以前のブログでは2つの蓬莱の違いや歴史について触れ、551蓬莱の商品も紹介しているので、今回は蓬莱本館の豚まんについてもご紹介。



スーパーで買える「蓬莱本館」

大阪名物の豚まんにも「蓬莱本館」と「551蓬莱」があり、会社も味も別物であることはすでに書きましたが、今回取り上げる「蓬莱本館」の豚まんでも、店舗や通販で買えるものと、スーパーで売っている「フレッシュ豚まん(3個入)」とはまた違うのかもしれません。とりあえず、蓬莱本館の店舗で直接買った豚まんの記憶がないので「フレッシュ」の方をリポートします。

蓬莱本館 フレッシュ豚まん(3個入)
つやつやの表面

蓬莱本館の「フレッシュ豚まん(3個入)」は豚まんが縦に3個重なって透明な袋に入っていて、チルド商品なのでスーパーでは日配コーナーあたりでよく見かけます。ホームページの画像などを見る限り、豚まんの外見は蓬莱本店の店舗や通販で売っているものよりツルっとした感じがします。

蓬莱本館 フレッシュ豚まん(3個入)
シューシーな豚肉や玉ねぎ

袋に書いてある温め方の内、レンジで温める方法でいただきました。まず最初に感じるのが皮の触感で、551のしっかりとした硬さの皮に比べるとふんわり柔らかな印象です。かと言って柔らかすぎてすぐ破れるわけでなくちょうど良い感じです。
具材はなかなかのボリュームで、味付けは551の方がしっかり、こってりとすると、こちらはすこしマイルドであっさりした印象ですが豚肉と玉ねぎのジューシーさもちゃんとあるのでどちらを選ぶかは好みの問題かと思われます。

価格は1袋398円(税抜)前後で販売されていることが多いようですが(今回は特価298円でした!)、ネットスーパーなどでは598円前後も見かけます。

にほんブログ村 グルメブログ グルメ情報へ


[大阪お土産] 蓬莱本館 ぶたまん&焼売セット (大阪 土産 大阪 お土産 大阪 おみやげ 大阪 みやげ 日本 国内土産)【あす楽対応】

2018年1月11日木曜日

【シャトレーゼ】北海道十勝産小豆の特盛り餡どら焼き ・ボリューム感のある和菓子!

自分へのプチご褒美

前回の「北海道バターと自家炊き餡のパンケーキ」に引き続き、今回も同じシャトレーゼの「北海道十勝産小豆の特盛り餡どら焼き」です。まぁ、どちらも差し入れ用のお菓子をまとめ買いするときに偶然見かけて、急遽自分用に購入したお菓子なんですが(笑)。

シャトレーゼ 北海道十勝産小豆の特盛り餡どら焼き 
シャトレーゼ 北海道十勝産小豆の特盛り餡どら焼き 

シャトレーゼといえば


シャトレーゼはフレッシュなケーキから日持ちのする焼き菓子、また洋菓子から和菓子、さらにはパンやアイスまで色々揃っているので普段のおやつから急な手土産など何かと便利です。工場から店舗まで卸売を通さない「工場直売店」ということで価格も抑えられているのも嬉しいところです。山梨県北杜市にある白州工場では工場見学だけでなく、アイスの試食が無料で食べ放題なのもいつか行ってみたいものです。
ちなみにシャトレーゼの商品は、シャトレーゼの店舗かオンラインショップでしか購入できないようです。



銅釜直火焼きの特盛り餡

前回の「北海道バターと自家炊き餡のパンケーキ」が和菓子か洋菓子か微妙なところでしたが、こちらの「北海道十勝産小豆の特盛り餡どら焼き」はどら焼きなのでそのまま和菓子カテゴリーです。どちらも直径は一般的などら焼きと変わりありませんが、厚みがすごいです。これで108円(税込)。

シャトレーゼ 北海道十勝産小豆の特盛り餡どら焼き 
良い焼き色の皮

すでにどら焼きの皮自体にボリュームがあります。ふんわりとした皮は卵、砂糖、粉を絶妙な比率で配合し、水分を閉じ込めながらじっくり焼き上げられています。また、砂糖の一部をレンゲのはちみつにすることで、ふんわりしっとりと味わい深くなっています。

シャトレーゼ 北海道十勝産小豆の特盛り餡どら焼き 
皮も餡もボリュームあり!

たっぷりとサンドされた餡は、生産者を限定した十勝産小豆を銅釜直火でじっくり風味よく炊き上げたという粒餡です。塩味が効いていて、甘さも控えめであっさり目の粒餡となっているのでこのボリュームでも余裕でいただけました。

●シャトレーゼ ホームページ →https://www.chateraise.co.jp/

2018年1月9日火曜日

【シャトレーゼ】北海道バターと自家炊き餡のパンケーキ ・和洋折衷スイーツ!?

シャトレーゼでおやつ

今回はお菓子好きにはお馴染みのシャトレーゼから発売されている「北海道バターと自家炊き餡のパンケーキ」を購入してみました。名前から受けるイメージは和風なのか洋風なのか...不思議な感じですが、見た目はパンケーキのようでどら焼きのようで...ますます「和」か「洋」か判断が難しくなりました(笑)。

シャトレーゼ 北海道バターと自家炊き餡のパンケーキ
シャトレーゼ 北海道バターと自家炊き餡のパンケーキ

シャトレーゼの概要


株式会社シャトレーゼは、山梨県甲府市に本社を置く食品メーカーで、シャトレーゼ(Châteraisé)という社名は、フランス語で城を意味するシャトー(Château)と、ブドウを意味するレザン(raisin)を合わせた造語で、「ぶどうの城」を意味するそうです。



1954年(昭和29年)に今川焼き風のお菓子「甘太郎(あまたろう)」の店を山梨県甲府市に創業したのが始まりで、1967年(昭和42年)に株式会社シャトレーゼに社名変更、現在は持株会社であるシャトレーゼホールディングスの子会社。
各地にある自社工場から卸売を通さずに直接フランチャイズ店舗へ送るシステムを採用し、日本国内はもとより、海外にも進出しています。なお、同グループには他にワイナリー、リゾートホテル、ゴルフ場、スキー場などもあります。

北海道バターと自家炊き餡のパンケーキ

というわけで、今回の「北海道バターと自家炊き餡のパンケーキ」ですが、前述のとおり見た目はどら焼きのようですが、生地がパンケーキということでどら焼きより色白で、全体的に肉厚でボリューム感があります。

シャトレーゼ 北海道バターと自家炊き餡のパンケーキ
ふんわりしたパンケーキの皮

ふんわりとしたパンケーキに挟まれているのは、北海道産小豆を使用した自家炊きの粒餡と、塩味をきかせた北海道産バターを使用したクリームです。やわらかな食感のパンケーキと程よい甘さの粒餡、さらに塩気を感じるクリーミーなバタークリームが調和して甘すぎずしつこすぎないお菓子となっていて気に入りました。1個108円(税込)でした。

シャトレーゼ 北海道バターと自家炊き餡のパンケーキ
餡とバタークリームのコンビネーション

ちなみに、シャトレーゼのホームページを見るとこちらは和菓子扱いでした。同時購入した「北海道十勝産小豆の特盛り餡どら焼き」も美味しかったです。

●シャトレーゼ ホームページ →https://www.chateraise.co.jp/

にほんブログ村 グルメブログ グルメ情報へ


2018年1月7日日曜日

【神戸屋】たっぷりビスケットのホイップデニッシュ ・スイーツパンの決定版!

神戸屋のスイーツパン?

少し前になりますが、スーパーで偶然見かけて「たっぷりビスケットのホイップデニッシュ」という名前だけで即購入にいたった菓子パンがこちらです(笑)。商品名からして、ビスケット生地?ホイップクリーム?さらにデニッシュまで?しかもたっぷり!?となるので当然ですね。
神戸屋 たっぷりビスケットのホイップデニッシュ
神戸屋 たっぷりビスケットのホイップデニッシュ



ネットで調べてみると、早速メーカーの公式ホームページが見つかり、10月の新商品となっていました(袋のデザインが違いましたが...)。「スイーツパンの決定版」という嬉しい表記とともに、「リニューアル」と書いてあったので以前からあったようですが、見かけた記憶はありませんでした。

「たっぷり」で高感度アップ

まず、外観は食パンを対角線で折ったようなちょっと変わった三角形に近い形ですが、これはデニッシュ生地のパンを折り曲げて、表面をビスケット生地でコーティングした感じです。その中に純白のホイップクリームがサンドされています。

神戸屋 たっぷりビスケットのホイップデニッシュ
三角形の面白い形のパン

外側はビスケット生地ということで、メロンパンの食感の生地がちゃんとパンの下(裏)の面までコーティングされています。ビスケット生地のサクサク感と、デニッシュ生地のしっとり感が合わさったようなハイブリッドな食感を楽しめました。

神戸屋 たっぷりビスケットのホイップデニッシュ
ビスケット生地もホイップもたっぷり!

ミルク味のホイップはなめらかで、なかなかの厚みで入っていました。個人的には生地の味わいとホイップの甘さを考えると、これぐらいのバランスでちょうど良かったので、また見かけたら購入してみたいです。

にほんブログ村 グルメブログ グルメ情報へ


2018年1月5日金曜日

【モンシェール】プリンスロール ・堂島ロールとチョコレート

堂島ロールのモンシェール

堂島ロールといえば、モンシェールが製造販売する大阪発祥のロールケーキで、今やスイーツ好きの間では知らない人はいないと思われるほど有名になったロールケーキです。今回のプリンスロールはその堂島ロールとチョコレートを融合した夢のスイーツです。

モンシェール プリンスロール
モンシェールのプリンスロールのパッケージ

ちなみに、株式会社 Mon cher(モンシェール)は大阪市北区堂島浜に本社を置く洋菓子の製造販売やサロンを経営する会社で、2003年(平成15年)9月4日に設立されました(当初の社名は有限会社モンシュシュ)。
2003年11月に大阪を代表するオフィス街の堂島に出店した当時はたった3人からのスタートだったそうですが、堂島ロールがロールケーキブームの火付け役の一つとなり大ヒット。現在は日本国内と海外で合計30店舗以上を運営しています。



PRINCE ROLL

堂島ロールは厳選した北海道産の生乳で作ったフレッシュなクリームをたっぷり使ったロールケーキですが、プリンスロールはその堂島ロールと、カカオ豆の焙煎・ブレンドにこだわるベルギーのカレボー社の香り高いチョコレートが出逢って誕生したロールケーキです。

モンシェール プリンスロール
チョコレート感満載のロールケーキ

今回は頂き物だったので、冷凍されたプリンスロールがクール便で届きました。堂島ロールと違い、こちらは通販が可能なので近くにモンシェールがない地域の人も楽しめますし、進物にも喜ばれそうです。冷凍の場合は冷凍庫で保存し、お召し上がり前に冷蔵庫で6~9時間を目安に解凍してください。

モンシェール プリンスロール
生地もクリームもリッチなチョコレートの味わい

湯煎したチョコレートを練り込んで焼き上げたという生地は、表面にたっぷりとココアパウダーがまぶされていて、もっちりとした食感です。その生地にたっぷり包まれたガナッシュクリームは、コク深いカカオの香りとほどよい甘さでチョコレートの風味・味わいを楽しめます。
モンシェールのオンラインショップではプリンスロール以外にも様々なロールケーキ、その他スイーツを購入できますので、気になった方は下記リンク先などでご覧ください。

にほんブログ村 グルメブログ グルメ情報へ

 
【堂島プリンスロール】…「堂島ロール」のモンシェールから。

【蓬莱本館】フレッシュ豚まん(3個入) ・スーパーでも買える豚まん

蓬莱と蓬莱 大阪名物の一つとしてすっかり有名になった「豚まん」ですが、一口に「蓬莱の豚まん」といっても「551蓬莱」と「蓬莱本館」という2つのメーカーが別々に製造販売していること、また、そのことを地元大阪でも知らない人がわりといること...などについては以前 ブログ で紹介し...